最新情報

HOME» 最新情報 »第32回5法人合同研修会開催しました

最新情報

第32回5法人合同研修会開催しました

 平成30年1月19日(金)、20日に5法人合同研修会を開催しました。
 5法人(こうほうえん、成光園、大阪自彊館、青山里会、クムレ)が先駆的な取組みをお互いに学びあい、それぞれの地域に還元していく研修を半年に1回、持ち回りで開催しています。
 今年度の後半の主催がクムレになり、1年前からコンセプト、研修内容、講師等準備を重ねてきました。
今回の研修コンセプトは「共生社会の実現に向けて」ということで、クムレが現在取り組んでいる事業推進体制である事業所完結型から拠点事業体制の中で、地域にお住まいの方が気軽に立ち寄り相談等ができる「ひろばにじいろ」の取組みや保育園と児童発達支援事業所の複数事業所間での取組みや倉敷拠点の「ひろば栗の家」を中心にしたカフェ、赤提灯、稲作、カルチャー教室等の取組みを発表させて頂きました。
 また、外部講師として倉敷市保健福祉部の吉田部長、衆議院議員でありクムレの顧問であります橋本岳氏の講演から、倉敷市の地域包括支援の取組み、今後の報酬改定等を含めた厚生労働省の方向性等を学びました。
 他にも、懇親会ではクムレバンドの演奏と地域にお住まいの方たちが結成した「陵南バンド ジジ&ババ」の皆さんに演奏して頂き、職員、地域の方の垣根を越えたすばらしい時を過ごすことができました。
 5法人合同研修会も32回を迎えましたが、これからの社会福祉法人が向かうべき地域共生社会の実現に向けた第1歩が踏み出せたのではないかと感じています。
次回は三重県の青山里会が主催されますが、今後も様々な学びをして地域へ還元していきます。


2018/01/20