スタッフブログ

HOME» スタッフブログ »おべんきょうの様子~きらり倉敷~

スタッフブログ

おべんきょうの様子~きらり倉敷~

おべんきょうの様子~きらり倉敷~
 きらり倉敷です。
2月に入り、今年度も終わりが近づいていますが、寒さはまだまだおわらないようですね。
寒さに負けないお子さんたちの姿は、きらり倉敷をいつも温かくしてくれます。
そんな頑張っているお子さんたちの姿を見てほしいという思いから、今回はきらり倉敷で取り組んでいる「お勉強」を少しですがご紹介させてください。


 きらり倉敷では、お子さんたちが楽しく学ぶことができることを意識してお勉強を設定しています。
そのためか、お母さん方から「おうちでもケンケン見せてくれました!」等きらりだけでなく、家庭の中でも子どもたちが自信をもって取り組んでいる姿を教えてくださることもあります!



 きらり倉敷では主に、机上課題と運動課題の2つを「お勉強」として設定しています。
 机上課題では、微細面の向上を図るために食具やボタン操作等を行ったり、理解面の向上を図るために、「どっちが長い?」等の概念理解に繋がる課題を行ったりと、1人ひとりに合わせた課題を設定しています。その他にも社会性の向上を図るために「○○な時どうする?」等の質問を行ったり、絵を見て望ましい行動を考えたりする課題を行っています。



 
今回ご紹介するのは就学を想定した課題設定になっています。
 就学すると、始まるのが板書ですよね、きらりでは、板書を想定した課題を設定しています。見本と見比べながら手元の紙に書く…目も動かすし、手も動かすし…なかなか難しい作業ですよね。












 意図的に何も書かない個所を設定し、見本と同じ個所に同じ文字や記号が書けるようにしていきます。
よく見て書いていかないと見落とすこともありますが、とても真剣に書き写してくれています。





 また、運動課題では、体幹を養えるようにバランスボールを用いたり、縄跳びの練習をしたり、机上課題と同じく、1人ひとりに合った課題を設定していきます。



 写真は動作模倣をしている様子です。
大人のポーズを模倣することにより、「見る力」や、身体のボディイメージを養うことをねらいとしています。


「まねっこまねっこ…ピッ!」と手と足をしっかり見ながら模倣してくれます。











 「お勉強」の中身も毎回同じではなく、できるようになったらまた新たな課題を設定し、スモールステップでできることを増やせるようにしています。
 しかし、ただのお勉強ではお子さんのやる気スイッチもなかなか入らないこともあります。
時には、お子さんの好きなキャラクターを用いたり、簡単なゲームを設定したりして、お子さんたちが「楽しそう」「やってみたい」と思えるような課題を設定できるよう意識しています。
 少しずつ、確実にできることが増えていくお子さんを間近で見ることができ、本当に幸せを感じます♪
 今後も、お子さんたちの「できた」をたくさん増やしていくために、様々な課題を考えていきます!

 
2018/02/23

スタッフブログ

時系列
分類別