スタッフブログ

HOME» スタッフブログ »凸くらしき心ほっとサポーター(玉島地区)研修させていただきました凹

スタッフブログ

凸くらしき心ほっとサポーター(玉島地区)研修させていただきました凹

くらしき心ほっとサポーター(玉島地区)で研修をさせていただきました。

この2月に玉島地区の心ホットサポーターの皆様にお声がけをいただき、
           『発達障がいの理解と対応』というテーマで研修をさせていただきました。
 
※くらしき心ほっとサポーターとは・・・「一市民として精神障がいに関するよき理解者としての立場から,心の健康づくりの推進や精神障がいに対する偏見除去のため行政と協働で啓発に努めていただく方」です ※倉敷市HPより。













普段精神障がいの方々と接して下さっているからか、とてもなごやかな雰囲気の心地の良い空気感でした。その中で、マイノリティークイズや、当事者の皆様から集めた「声」を使って、発達障がいの特性や理解してほしいことなど話をさせていただきました。
 
~ 発達障がい当事者の声(一部紹介) ~
<他人からしてもらった嬉しかったこと>
・話を色々聞いてくれたこと30代男性
・しんどくなった時に休ませてくれたこと30代男性
・一緒に解決方法を考えてくれる30代女性
・失敗したときに寄り添ってくれる30代女性
・パニックが起こっても怒ったりせかしたりせず失くした物を一緒に探してくれた20代女性
 
<他人からしてもらいたいこと>
・困った時、しんどい時に「大丈夫ですか」と声をかけてくれること30代男性
・のけものにされず、適度にかまってもらえること20代男性
・声をかけてもらえること30代女性
・もっと理解をしてほしい!!40代女性
・優しく接してもらいたい40代女性



皆様とても意欲的に話を聞いてくださり、活発な意見交換や、多くの質問をいただき、発達障害のある方々のことを知ろうとして下さる姿勢に感激しました。
大人の発達障がいの方(特に大人になってから診断を受ける方)は、二次障害としてうつ病や統合失調症などの精神疾患になることもあります。心ほっとサポーターさんのように、やさしく、丁寧な対応をして下さる方がどれだけ癒しにつながるかと思います。
 
身近な関係性の中で、「発達障がい」と言う個性・障がいを理解しようとしていただける方が1人でも多くいてくださる事を心強く感じた研修会でした。
 
2018/03/12

スタッフブログ

時系列
分類別